上達のために

新サイトはこちらです (本サイトは移転しました)

英会話上達のために

英会話をやり直す人も、本格的にはこれからという初心者も、今後しっかりと勉強をしていくうえで、できるだけ効果を上げたいですよね。

 

例えば、同じ教材を勉強していても、それによって効果の上がる人がいる一方で、なかなかレベルが上がらず、しだいにやる気をなくしていく人もいます。

 

もし取り組む人の英会話力がほぼ同じで、勉強するのが同じ教材ならば、ほぼ同じ効果が出ても不思議でないはずです。

 

違いが出るとすれば、細かく見ていくとたくさん要因があるでしょうが、大きなものは、その人の取り組み方ということではないでしょうか。
厳密には、教材以外に、教える指導者(先生)という大きな要因がありますが、本サイトではいちおう、自宅を中心に独学する人を想定していますので、指導者はここでははずします。

 

そうすると、どのような意欲で取り組んだか、その教材をどのように活用したかなど、本人の要因が大きな影響を与えるわけです。

 

そこで、英会話上達のために、主に基本的な心得と実際的なヒントについて、ご紹介します。


上達のために記事一覧

英語「恐怖症」の克服

英語が苦手なのは、個人の要因もありますが、日本人全体の背景要因が大きいでしょう。あなたも思い出があるでしょうが、その一つは、学校時代の英語教育です。英語を学習する場合に、読む、書く、話す、聴くの領域がありますが、私たちが習ってきたのは、偏った領域でした。つまり、読解中心で、文法や難しい単語に苦しめら...

≫続きを読む

 

英会話上達のポイント

 動機づけ・・・・・具体的目標とか現実に迫った必要性のあること 繰り返し・・・・・毎日の中で習慣化すること 声出し・・・・・聞くだけでなく発声すること英会話が上達するには、いろいろなポイントがあると思いますが、要はやる気と実践です。楽しめることが一番だと思いますが、仕事や必要があってやらざるを得ない...

≫続きを読む

 

動機づけをしよう

  何かを実行するときにはほとんどの場合に当てはまりますが、まず動機づけをはっきりとすることです。これまでの自分の仕事・勉強・用事を思い出してください。ある仕事を成し遂げるとか、ある試験に合格するとかいうときには、そこに具体的な目標がありました。また、仕事で自分の未経験の分野を任されるとか、資格を得...

≫続きを読む

 

繰り返し実践しよう

  積み上げて上達していくものは、職業上の技能とかスポーツでも、毎日の生活の中で繰り返して習慣的に実践することが基本です。これまでのあなたの体験をふり返ってください。仕事の業務なら、勤務し始めたころと現在を比べてみましょう。現在の仕事の出来ぐあいはどうでしょうか。同期の社員と比べたり、同じ業務のライ...

≫続きを読む

 

声出しをしよう

 読んでいるだけとか、聞いているだけでなく、特に自宅で取り組んでいるときには、できるだけ声出しをしましょう。文章を読んでいるときには、ふつうは黙読しますね。日本語の仕事の文章や内容が理解できればよい文章などは、それでOKです。でも、英語では、特に会話の文章だと、アクセント(高低や強弱)とかイントネー...

≫続きを読む

 

間違いに過敏にならない

日本人は、じっさいに英語のネイティブと相対すると、必要以上に緊張したり、間違いを恐れて話せなくなりがちです。身近に外人さんを見かけることなく暮らしてきたとか、学校の文法テストに苦しめられて、ついつい間違いに過敏になるとかいう背景がありそうです。あるいは自意識、プライドが強すぎるということも。また、日...

≫続きを読む

 

何を聴くか

自分のレベルに合ったものから選びましょう。できるだけ、興味のあるものから選びましょう。すでに教材とか録音された動画・音声をお持ちの方は、自分のレベルに合いそうで、興味のもてそうな材料を選んでください。動画・音声は、あまり長いものよりも、数分程度でも、自分の意識が集中できるものがよいでしょう。長いもの...

≫続きを読む

 

生きた英語に慣れる動画サイト

>インターネットの無料動画を利用しましょう。自分の興味・必要性から選びましょう。ABCニュースシャワー「ニュース用語にチャレンジ ! 最新のニュース用語がわかる。」と銘うったサイトです。月曜から金曜まで、ABC放送のニュースの中から1本を選んで、5分程度にまとめています。初めに、日本語での簡単な解説...

≫続きを読む

 

リスニングの勉強を毎日続けよう

英会話の勉強は、継続することが大切なポイントの一つでした。継続する内容は、いろいろとありますが、実践的な訓練の一つとして、実際の英語に慣れていくことが大切です。そのようなときに、では具体的に英語(英会話)の素材はどこで見つければよいのか、ということに悩むのではないでしょうか。英会話の教材を購入すれば...

≫続きを読む

 

 
教材の選び方ポイント 教材ランキング 独自特典 サイトマップ